仏大統領「裏切り」と非難 レバノン新政権樹立の失敗に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は27日、パリで記者会見し、8月の大規模爆発を受け政権が崩壊した中東レバノンで新政権樹立が失敗に終わったことについて、レバノン政界全体の「裏切り」で「恥ずかしく思う」と強く非難した。

 旧宗主国の指導者としてマクロン氏は国際社会のレバノン支援を主導。経済支援開始の条件に早期の政権発足を求めていた。新首相に指名されたアディブ前駐独大使が組閣を断念したことを受け、パリでは開くことの少ない記者会見をあえて行った。

 マクロン氏は「レバノン国民のことは見捨てない」と訴え、同国の政治指導者らに「最後の機会だ」として対応を要求した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事