EU離脱修正案、英下院を通過 首相、反対論押し切る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 英国議会議事堂のウェストミンスター宮殿=ロンドン(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英下院は29日、欧州連合(EU)からの離脱条件を定めた協定を巡り、英国に有利な形で主要規定を修正する政府法案を賛成多数で可決した。野党に加え、与党内からも批判が出ていたが、下院で圧倒的多数を握るジョンソン政権が押し切った。審議は上院に移り、両院とも通過すれば法律が成立する。

 定数650の下院で、賛成340、反対256だった。EUは今月末までの法案撤回を要求していたが、英政権はこれを無視して議会手続きを推し進めた。難航する自由貿易協定(FTA)交渉でEUを揺さぶり、譲歩を引き出したい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事