親トルコ右派が現職破る 北キプロス大統領選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北キプロス・トルコ共和国の大統領選で勝利したタタル首相(中央)=18日、ニコシア(ロイター=共同)

 【イスタンブール共同】地中海の分断国家キプロスの北側、北キプロス・トルコ共和国(トルコのみ国家承認)で18日、大統領選の決選投票が行われた。即日開票の結果、親トルコで右派系のエルシン・タタル首相(60)が、左派系の現職ムスタファ・アクンジュ大統領(72)を破り、勝利した。トルコの影響力が強まる。任期は5年。

 南側、ギリシャ系のキプロス共和国との和平問題が課題。タタル氏は国連案である連邦制による再統合を批判し、二つの政府の併存を提唱していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事