米国務長官にブリンケン氏 気候問題特使ケリー氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アントニー・ブリンケン氏

 【ワシントン共同】米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領の政権移行チームは23日、外交のかじ取り役を担う次期国務長官にオバマ前政権で国務副長官を務めたアントニー・ブリンケン氏を指名すると発表した。就任には上院の承認が必要。ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)に初めて気候変動問題を担当する大統領特使を設け、ジョン・ケリー元国務長官を起用することも決まった。

 NSCを統括する国家安保問題担当の大統領補佐官にジェーク・サリバン氏、国連大使に黒人女性リンダ・トーマスグリーンフィールド氏の起用も発表し、外交チームの主要メンバーが固まった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事