仏大統領、会見で若者にアピール 新興ウェブメディアで2時間超
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 フランスのマクロン大統領(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は4日、同国の新興ウェブメディアのインタビューに生中継で約2時間20分にわたって応じた。若者へのアピールが狙いで、視聴者の関心に沿って最近の警官の暴行事件から中国による少数民族ウイグル族弾圧の問題までさまざまな質問に答えた。

 マクロン氏の支持率は昨年夏以降、ほぼ30%台に低迷しているが、若年層は高齢者と共に比較的高いとされる。42歳のマクロン氏は以前から会員制交流サイト(SNS)を通じた情報発信に積極的だが、再選を目指す2022年の大統領選に向け、働き掛けを強める考えとみられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事