金正恩氏、核戦力で米けん制 最高人民会議へ国威発揚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 平壌の金日成広場で行われた軍事パレードで行進する兵士=14日(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央テレビは15日午後、朝鮮労働党大会を記念して14日に平壌の金日成広場で行われた軍事パレードの録画を約1時間半にわたって放送した。新型とみられる潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星5」などを公開。金正恩氏の総書記就任を祝い国威発揚を図るとともに、核戦力の高度化を示し、米新政権をけん制した。

 放送では大陸間弾道ミサイル(ICBM)は登場しなかった。

 17日には国会に当たる最高人民会議を招集。正恩氏が父の故金正日氏が名乗った肩書に続き、祖父、故金日成氏の「国家主席」を復活させ、就任するかどうかに注目が集まる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事