米で銃弾5百発所持の男逮捕 大統領就任式会場近く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】20日に行われるバイデン次期米大統領の就任式に備えて首都ワシントンに展開する警察が15日、就任式の会場となる連邦議会議事堂近くで銃と銃弾約500発を所持していた男(31)を逮捕した。米メディアが16日伝えた。

 男は南部バージニア州在住で、議事堂近くの検問所をピックアップトラックで通過しようとした。銃と銃弾のほか、就任式用の偽身分証を持っていることが発覚。銃の不法所持などの疑いで逮捕された。警備の仕事でワシントンに来ており、銃を家に置いてくるのを忘れたと話しているという。

 連邦議会議事堂襲撃を受け、ワシントンでは厳戒態勢が敷かれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事