仏、第3波で外出や営業規制強化 コロナ流行、パリなど16県で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 18日、エッフェル塔が見えるパリ市内を歩く女性(AP=共同)

 【パリ共同】フランスのカステックス首相は18日、新型コロナウイルスの感染状況が悪化しているパリを含む国内16県で、20日から少なくとも4週間、外出や店舗営業に関する規制を強化すると発表した。地元メディアによると、国内人口の約3分の1が対象となる。

 英国など由来の変異株による流行の「第3波」(カステックス氏)が起きており、1日当たりの新規感染者数は18日、全国で約3万5千人に上った。特にパリを含むイルドフランス地域圏では、重症者の増加で病院の患者受け入れが困難となっており、政府はこれまで維持してきた夜間外出禁止から対策強化を余儀なくされた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事