イラン非核化方針で一致 イスラエル訪問の米長官
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 イスラエル軍基地で、ガンツ国防相(手前左)とあいさつするオースティン米国防長官(手前右から2人目)=12日(AP=共同)
 イスラエル軍基地で、ガンツ国防相(手前左)とあいさつするオースティン米国防長官(手前右から2人目)=12日(AP=共同) 12日、エルサレムで記者会見するイスラエルのネタニヤフ首相(右)とオースティン米国防長官(AP=共同)

 【エルサレム共同】イスラエルを訪問中のオースティン米国防長官は12日、エルサレムでネタニヤフ首相とイラン核問題などを協議し、イランに核兵器を保有させない方針で一致した。バイデン米政権がイランとの核合意の立て直しを目指す一方、イランと敵対するイスラエルは反発していたが、同盟国間でイラン核問題における最低限の共通認識を得た。

 ネタニヤフ氏は会談後の記者会見で「イランは中東で最大の脅威だ」と強調し「狂信的な体制でテロを支援している。核兵器保有の能力を持つことも認めない」と語った。

 オースティン氏は「両国は戦略的パートナーとして緊密な連携を続ける」と応じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事