ロシア、EU高官らを入国禁止 関係悪化に歯止めかからず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【モスクワ、ブリュッセル共同】ロシア外務省は4月30日、欧州連合(EU)による3月の対ロシア制裁への報復として、欧州議会のサッソリ議長や欧州委員会のヨウロバー副委員長らEUと欧州各国の当局者8人に対し、ロシアへの入国を禁止すると発表した。

 EUは対抗措置を取る可能性を示唆しており、投獄されたロシア反体制派ナワリヌイ氏の処遇などを巡り制裁や外交官追放を繰り返すロシアと欧州の関係悪化に歯止めがかかる見通しはない。

 ロシア外務省は声明で、対ロ制裁を続けるEUの真の狙いは「ロシアの発展の妨害だ」と批判した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事