ミャンマーNLD議員ら5人死亡 中部で爆弾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ヤンゴン共同】ミャンマーの地元メディアによると、中部バゴー地域で3日、小包爆弾が爆発し、アウン・サン・スー・チー氏が率いる国民民主連盟(NLD)の地方議会議員ら計5人が死亡した。うち3人は国軍のクーデターに反対して職務を放棄する「不服従運動」に加わった警察官だった。犯行の背景は明らかになっていない。

 オンラインメディア「ミャンマー・ナウ」によると、爆発は計3回あった。議員と警察官は国軍の弾圧から逃れるため、バゴー地域の村に滞在していた。住居を提供していた村民も死亡し、別の警察官1人が重傷を負った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事