米欧、ベラルーシに最大級制裁 旅客機強制着陸巡り一斉圧力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 議会で演説するベラルーシのルカシェンコ大統領=5月、ミンスク(タス=共同)

 【ワシントン、ブリュッセル共同】米国、英国、カナダ、欧州連合(EU)の4者は21日、ベラルーシ当局が5月に旅客機を強制着陸させて反政権派ジャーナリストを拘束した問題を巡り、同国のルカシェンコ政権に対する追加制裁を発表した。EUのボレル外交安全保障上級代表はベラルーシに対する「最大の制裁パッケージ」と強調した。

 米欧が協調して一斉に圧力をかけた形で、ベラルーシと欧米との対立が一段と激化するのは必至。ルカシェンコ政権は当面、ロシアや中国への傾斜を強めることになりそうだ。

 制裁は、当局者に対する査証(ビザ)発給制限や資産凍結などが柱。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事