米、香港紙廃刊で中国非難の声明 バイデン大統領「悲しい日」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は24日、中国に批判的な民主派系の香港紙、蘋果日報(リンゴ日報)が習近平指導部の締め付けで廃刊に追い込まれたことを受け「香港と世界の報道の自由にとって悲しい日だ」とする声明を発表し、異論を排除する動きを強める中国政府を強く非難した。

 バイデン氏は「中国政府は逮捕や脅迫、自由な言論を罰する香港国家安全維持法(国安法)の執行を通じて、独立したメディアを抑圧し、反対意見を沈黙させてきた」と厳しく指摘。中国政府に対し、報道機関を標的にすることをやめ、拘束した記者らを解放するよう要求した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事