比大統領「妥協の余地なし」 南シナ海巡り中国をけん制
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 26日、マニラで施政方針演説を行うドゥテルテ大統領(ロイター=共同)

 【マニラ共同】フィリピンのドゥテルテ大統領は26日、マニラで施政方針演説を行った。南シナ海での中国の主権主張を退けた2016年の仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)の判断は「国際法の一部で妥協の余地はない」と強調し、判断を受け入れない中国をけん制した。

 一方で中国と対峙する姿勢は明確に否定。「どうやって中国と戦えばいいのか。われわれは武器を持っているのか。戦争になれば完敗で敵対する能力はない」とした。「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が発生し、最初に支援を求めた国は中国だ」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事