米比の地位協定は維持 両国防相、中国にらみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【マニラ共同】フィリピン訪問中のオースティン米国防長官は30日、ロレンザーナ国防相と会談した。フィリピンが破棄を一方的に通告していた同国での米兵の法的地位を定めた「訪問軍地位協定」について、今後も維持されると会談後の記者会見で明らかにした。海洋進出を強める中国をにらんだ形。

 地位協定はフィリピンのドゥテルテ政権が昨年2月に破棄を一方的に通告したが、最終的な破棄決定は保留していた。

 オースティン氏は対中包囲網の強化を目指し、南シナ海で中国と領有権を争うフィリピンに対して同国内での米軍の活動を可能にする地位協定の継続を求めたとみられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事