新議長就任で権力維持か ベラルーシ大統領
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ベラルーシのルカシェンコ大統領(タス=共同)

 【モスクワ共同】ベラルーシのルカシェンコ大統領は9日、首都ミンスクで記者会見し、今後の大統領選には立候補しないと表明した。憲法改正で大統領権限の一部を議会に引き渡す用意があると述べ、強い権限を有する新議会議長に就任する可能性に言及した。ロシア主要メディアが伝えた。事実上の最高権力者として、政権維持を画策しているとみられる。

 会見は昨年8月9日の大統領選でルカシェンコ氏が6選を果たしたと発表され、結果に反発する市民の大規模デモが起きてから1年に合わせて行われた。政府側は、治安組織を使った弾圧で既にデモを抑え込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事