北朝鮮、「安保危機」と警告 米韓演習に反発、通信応じず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北朝鮮の金英哲・朝鮮労働党統一戦線部長

 【北京、ソウル共同】北朝鮮の金英哲・朝鮮労働党統一戦線部長は11日、米韓合同軍事演習を非難する談話を発表、「誤った選択により自らが大変な安保危機に近づいていることを時々刻々思い知らせる」と警告した。朝鮮中央通信が伝えた。

 韓国政府によると、北朝鮮は10日午後に続き11日午前も南北間の通信回線を使った定時連絡に応答しなかった。南北は文在寅大統領と金正恩総書記の合意に基づき7月27日に通信回線を約1年ぶりに復旧させたが、再び遮断状態となった形だ。韓国統一省当局者は「予断を持たず北朝鮮の態度を注視する」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事