上海でスパイ罪の邦人女性が帰国 刑期満了で出所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 12日、中国・上海の刑務所を出る日本人女性を乗せたとみられる車両(共同)

 【上海共同】中国上海市で拘束され、スパイ罪で懲役6年の実刑判決を受けた60代の日本人女性が12日、刑期満了で出所し、帰国した。日本の外務省が明らかにした。中国で2015年以降に相次いだ邦人拘束を巡り、有罪判決を受けて帰国したのは3人目。

 女性が罪に問われた行為の詳細は明らかになっていない。上海の女性刑務所で服役していた。12日午後、成田空港に到着した。

 女性は15年6月、スパイ活動を取り締まる国家安全省に拘束され、同11月に逮捕された。当時は、東京都新宿区の日本語学校幹部だった。中国出身で日本国籍を取得しており、頻繁に中国を訪れていたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事