金正恩氏、3週間ぶり動静報道 平壌の住宅建設事業視察
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北朝鮮・平壌の普通江沿いの住宅建設現場を視察する金正恩朝鮮労働党総書記(中央手前)。朝鮮中央通信が21日に配信した(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、金正恩朝鮮労働党総書記が平壌を流れる普通江沿いの住宅建設事業を視察したと報じた。日時は不明。金正恩氏の動静報道は軍指揮官らを集めた講習会出席や全国老兵大会参加者との写真撮影が7月30日に伝えられて以来、約3週間ぶり。

 金正恩氏は「全てが不足し困難な中でも大変革が起きた」と進展状況を評価。首都を現代的に整備し、全国的に住宅建設を進める上で重要な意義を持つと強調した。

 北朝鮮は今月始まった米韓合同軍事演習に反発し、金正恩氏の妹、金与正党副部長らが談話で対抗措置を警告。米韓は北朝鮮側の出方を注視している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事