アフガン、中村哲さんの壁画消去 タリバン支配誇示で指示か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アフガニスタンの首都カブール中心部の塀に描かれた中村哲さん=2019年12月(共同)
 アフガニスタンの首都カブール中心部の塀に描かれた中村哲さん=2019年12月(共同) コンクリート塀が真っ白に塗りつぶされて、中村哲さんの似顔絵が消された壁=5日、アフガニスタン・カブール(共同)

 【イスラマバード共同】アフガニスタン首都カブール中心部のコンクリート塀に描かれた、福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表だった医師、故中村哲さんの似顔絵が5日までに真っ白に塗りつぶされて消された。イスラム主義組織タリバンの抵抗勢力だった英雄の名を冠した交差点にあったため、支配を誇示したいタリバンが指示したとみられる。

 絵は背景に日の丸が描かれ、花が咲いた木々を中村さんが見つめる構図だった。ペンキで塗りつぶされ、主要言語の一つパシュトゥー語で「独立おめでとう」と、駐留米軍の撤退完了を祝う文言が新たに書かれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事