米中「衝突回避に責任」 首脳電話会談、2月以来
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 バイデン米大統領(ロイター=共同)、中国の習近平国家主席(新華社=共同)

 【ワシントン、北京共同】バイデン米大統領と中国の習近平国家主席が10日(米東部時間9日)、電話会談した。米ホワイトハウスが発表した。電話会談は2月以来。両首脳は競争が衝突に発展しないようにする両国の責任について意見交換した。中国国営メディアによると、習氏は米中関係が「米国の対中政策により、ひどい困難に遭った」と批判した。

 電話会談は、ワシントンで24日に開催が調整されている日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国(クアッド)による対面式の初の首脳会合を前に行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事