シベリア抑留の慰霊碑に献花 ロシア極東、コロナでひっそり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 シベリア抑留中に亡くなった日本人の慰霊碑を訪れ、黙とうする在留日本人ら=18日、ロシア・アルチョム市(共同)

 【ウラジオストク共同】ロシア極東ウラジオストク近郊のアルチョム市で18日、戦後のシベリア抑留中に死亡した日本人の慰霊碑を現地在留の日本人らが訪れ献花した。毎夏の恒例行事だが、新型コロナウイルス禍で昨年は見送り、この日も日本人会の有志や豊島聡一郎駐ウラジオストク総領事代理ら約10人がひっそりと黙とうをささげた。

 アルチョム周辺には日本人が抑留された収容所支部跡などに埋葬地が約10カ所あり、遺骨が収集されてきた。うち2カ所には慰霊碑が設置され、2016~19年には当時の安倍晋三首相が訪れた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事