台湾市民、欧州で異例の反中デモ 「攻撃姿勢」に反発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 26日、ベルギー・ブリュッセルで、デモ行進する台湾市民ら(共同)

 【ブリュッセル共同】ベルギーの首都ブリュッセルで26日、台湾市民ら100人以上が「台湾に対する最近の中国の攻撃的姿勢」に反発を示すデモ行進を行った。台湾の代表機関「駐欧州連合(EU)兼ベルギー台北代表処」によると、こうした行進が欧州で行われるのは初めてという。

 参加者は「台湾を支持し、民主主義を守る」などと書いた横断幕を掲げ、都心部を約2キロ行進。デモに加わった同機関トップの曽厚仁代表は共同通信に「中国はますます攻撃的になり、今年に入ってさまざまな機会に台湾を脅したり、いじめたりしている」と訴えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事