宝飾品300億円分押収 汚職捜査でマレーシア警察
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【クアラルンプール共同】マレーシアのナジブ前首相の政府系ファンド「1MDB」を巡る汚職疑惑で、マレーシア警察は27日、ナジブ氏の関係先の家宅捜索で押収した現金や宝飾品、高級ハンドバッグの鑑定額が計11億リンギット(約300億円)に上ったと発表した。

 警察によると、押収した宝飾品は約1万2千点。最も高額だったのはダイヤモンドをあしらった金のネックレスで鑑定額は640万リンギット。ハンドバッグ567個、高級腕時計423個、26カ国の現金計約1億1700万リンギット分も押収した。近くナジブ氏と妻ロスマさんを事情聴取し、入手経路などを調べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事