国連総長、長崎訪問へ 原爆式典に初出席の意向
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 国連のグテレス事務総長

 【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長が長崎への原爆投下から73年となる8月9日の「原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」に出席する方向で最終調整していることが28日、分かった。事務総長としては2010年8月6日に当時の潘基文氏が広島の平和記念式典に初出席したが、実現すれば長崎の式典では初めてとなる。複数の国連外交筋が明らかにした。

 北朝鮮が核実験やミサイル発射を繰り返した17年に就任したグテレス氏は、核兵器の脅威を取り除くための外交努力を強く訴えてきた。長崎の式典出席を通じ、国連として核軍縮・不拡散に取り組む決意を改めて示す意向だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事