イラン取引の欧州企業も制裁対象 米大統領、原油念頭か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は1日に放送されたFOXニュースのインタビューで、イランと取引をする欧州企業を米国の制裁対象とすると表明した。米政権は各国にイラン産原油の輸入停止を要求したばかりで、原油取引を念頭にした発言とみられる。

 トランプ氏は、米国のイラン核合意からの離脱表明に反発したイランが、ウラン濃縮につながる作業に着手したとされることに「もしそうなら、とても大きな問題だ」と懸念を示した。

 トランプ政権は6月26日、イラン産原油の輸入を11月4日までにゼロにするよう要求したが、中国やトルコが拒否する姿勢を表明、欧州各国も距離を取っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事