金正恩氏、中朝国境を連続視察 制裁緩和見越した動きか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 朝鮮中央通信が2日報じた、北西部新義州の紡織工場を視察する金正恩朝鮮労働党委員長。撮影日時は不明(朝鮮通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は2日、金正恩朝鮮労働党委員長が北西部、新義州の紡織工場などを視察したと報じた。中朝国境地域での金氏の経済視察が伝えられるのは3日連続。北朝鮮は核開発に対する国連制裁で繊維製品の輸出などを禁じられているが、中朝蜜月で制裁緩和を見越したかのような動きが目立ってきた。

 2日には北朝鮮の対外経済省の具本泰次官が空路で北京入り。金氏は3月以降、3度訪中し、習近平国家主席と会談するなど急接近している。具氏の訪問目的は明らかにされていないが、経済協力を巡り中国高官と協議する可能性がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事