北朝鮮用語でバスケ交流 大会2日目、南北対抗戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 5日、北朝鮮・平壌で開かれたバスケットボール大会で競り合う南北の選手(韓国取材団・共同)

 【ソウル共同】北朝鮮の平壌で5日、南北統一バスケットボール大会2日目の南北対抗戦が男女別に行われた。競技日程は5日まで。英語を排した北朝鮮式のバスケ用語も使われ、南北の選手らが交流を深めた。大会を提案しながら4日に姿を見せなかった金正恩朝鮮労働党委員長が観戦するかどうか注目される。

 大会は、バスケ愛好家で知られる金正恩氏が4月の南北首脳会談の際に提案したのを受け実現。韓国選手団は今月3日に訪朝し、4日に南北混成チームによる交流戦が行われた。

 韓国記者団などによると、北朝鮮式の用語ではリバウンドは「板球捕り」、トラベリングは「歩行違反」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事