韓国、IS勧誘容疑シリア人逮捕 テロ防止法で初
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ソウル共同】韓国西部の仁川地方警察庁は5日、周囲の外国人らに過激派組織「イスラム国」(IS)への参加を勧誘したとして、テロ防止法違反の疑いで30代のシリア人を同日までに逮捕、送検したと明らかにした。2016年制定の同法に基づく初の逮捕例だとして、韓国メディアが伝えた。

 シリア人の性別など詳細は不明。報道によると、ISが制作した広報用の動画を数年にわたり職場の同僚らに見せ参加を促した疑い。

 シリア人は07年に入国、難民認定は受けられず、人道的な措置としての滞在許可に基づきソウル近郊で働きつつ、中東と韓国を行き来していたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事