タイ洞窟、残り9人の救出再開へ 作業長期化の可能性も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 タイ北部の洞窟に閉じ込められた少年らの救出作業の様子=8日(タイ当局提供、共同)

 【チェンライ共同】タイ当局は、北部チェンライ県のタムルアン洞窟に取り残された地元サッカーチームの少年12人と男性コーチの計13人のうち、8日に脱出に成功した4人を除く残り9人の救出作業を9日にも再開する。

 行方不明から17日目。潜水を伴う困難な脱出ルートのため、全員の脱出にはさらに時間がかかる可能性もあり、9人の健康状態が懸念される。

 当局者らによると、8日の救出作業には、タイ海軍特殊部隊や外国からの潜水士ら約90人が参加。少年ら4人を救出した後、洞窟内に空気ボンベを補充するため作業を一時停止した。補充には10時間以上を要するとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事