韓印、経済協力拡大で合意 非核化へ緊密連携も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 10日、インド・ニューデリーで開かれた首脳会談で握手する韓国の文在寅大統領(左)とモディ首相(聯合=共同)

 【ニューデリー、ソウル共同】韓国の文在寅大統領は10日、訪問先のインドでモディ首相と会談し、経済分野や人的交流など両国間の協力事業を拡大していくことで合意した。両首脳は朝鮮半島の完全な非核化や平和体制構築に向け、緊密に連携していくことでも一致した。

 文氏は会談後の共同記者会見で「両国関係を一段階高いレベルに発展させる」と表明。モディ氏も「韓国による投資によってインドで雇用が創出される」と歓迎した。

 両首脳が署名した共同声明によると、現在約200億ドル(約2兆2千億円)の両国間の貿易額を2030年までに約500億ドルまで増加させることで合意した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事