中国、アラブ振興へ2兆円融資 影響力拡大狙う

 【北京共同】中国とアラブ諸国・機構の外相らが出席した「中国・アラブ諸国協力フォーラム閣僚級会議」が10日、北京で開かれた。中国の習近平国家主席が演説し、アラブ諸国の産業振興の促進に向けたプロジェクトを立ち上げ、中国政府が最大200億ドル(約2兆2千億円)を融資すると宣言した。

 中国はインフラ支援やエネルギー分野での協力を通じて、中東・アフリカ諸国への影響力強化を図っている。

 習氏は中国が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を巡るアラブ諸国との協力を拡大させる意向を示した。

関連記事
全国ニュース > 国際の記事