自由貿易維持、EUに説明 英担当相、初の離脱交渉

 【ブリュッセル共同】英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉会合が19日、ブリュッセルのEU本部で行われ、英国のラーブ新EU離脱担当相が就任後初めて出席、EUのバルニエ首席交渉官と協議した。ラーブ氏は、離脱後もEUとの物品の自由貿易を維持するなど離脱方針の詳細をまとめて12日に公表した英白書について説明したとみられる。

 ラーブ氏は会合冒頭、記者団に「交渉に力と熱を込め、最高の合意を達成したい」と述べた。

 バルニエ氏は来年3月の離脱予定日をにらみ、離脱条件に関する協定と、将来の関係をうたう文書を10月のEU首脳会議までに事実上まとめなければならないと訴えた。

関連記事
全国ニュース > 国際の記事