米、北の制裁逃れ対策強化を要求 非核化へ資金封じ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 20日、ニューヨークの国連本部で記者団の取材に応じる米国のポンペオ国務長官(右)とヘイリー国連大使(共同)

 【ニューヨーク共同】北朝鮮との非核化交渉を率いる米国のポンペオ国務長官は20日、ニューヨークで国連安全保障理事会メンバー国に非公開で北朝鮮情勢を説明した。会合終了後、記者団に「石油精製品や石炭などの密輸による制裁逃れを完全に封じる必要がある」と述べ、対策強化を国連加盟各国に要求した。北朝鮮が非核化の行動を取るまでは、資金源を締め付ける考えを強調した。

 米朝首脳会談で金正恩氏は完全非核化に合意したが、具体的な行動はない。中朝国境では制裁逃れの取り締まりが緩んでいるとの指摘もあり、制裁の厳格履行を改めて突き付け、北朝鮮や中国、ロシアをけん制する狙いがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事