パキスタン、テロで立候補者死亡 25日選挙、車狙って自爆

 【イスラマバード共同】25日に総選挙と州議会選挙を控えるパキスタンの北西部カイバル・パクトゥンクワ州デライスマイルカーンで22日、野党パキスタン正義運動(PTI)の州議会選立候補者が乗った車を狙った自爆テロがあり、地元当局によると候補者とその運転手が死亡した。容疑者も死亡した。

 同国では5年に1度の総選挙のたびにテロや襲撃などが多発し、投開票前には治安の悪化が常態化している。13日には南西部バルチスタン州で選挙集会を狙った自爆テロが起き、少なくとも149人が死亡した。

関連記事
全国ニュース > 国際の記事