中国外務次官が訪朝 休戦協定締結記念日控え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北京国際空港に到着した中国の孔鉉佑外務次官=25日(共同)
 北京国際空港に到着した中国の孔鉉佑外務次官=25日(共同) 平壌国際空港に到着した中国の孔鉉佑外務次官=25日(共同)

 【平壌、北京共同】中国の孔鉉佑外務次官が25日に北朝鮮の首都平壌を空路訪問した。孔氏は北朝鮮の李吉聖外務次官と平壌で協議した。孔氏は朝鮮半島問題特別代表を兼務しており、非核化に向けた米朝交渉を巡り意見交換するとみられる。

 北朝鮮は27日、朝鮮戦争(1950~53年)の休戦協定締結65周年を迎える。北朝鮮は早期の終戦宣言実現を米側に要求しており、孔氏との協議でも議題となりそうだ。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は3、5、6月に訪中し、習近平国家主席と3度にわたり首脳会談を行った。孔氏は北朝鮮側との協議で習氏の訪朝日程についても調整する可能性がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事