米FBが選挙干渉投稿削除 32件、ロシア関与か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)は7月31日、運営するフェイスブックやインスタグラムで、11月の米中間選挙への不正干渉が疑われる投稿を32件発見し、削除したと発表した。米社会の分断を助長するような投稿も含まれていた。

 FBは「調査は極めて初期段階であり、背後に誰がいるのかも含めて分からない」としているが、米紙ニューヨーク・タイムズによると、FBは米連邦議会にロシアが関与している可能性があると報告した。

 FBによると、32件は昨年3月~今年5月に作成され、約30件のイベントへの参加を呼び掛けていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事