EU、英構想を事実上拒否 交渉官「単一市場に損害」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 7月26日、記者会見するEUのバルニエ首席交渉官(右)と英国のラーブEU離脱担当相=ブリュッセルのEU本部(共同)

 【ブリュッセル共同】英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、EU側の交渉責任者のバルニエ首席交渉官は2日、英国が離脱後の英EU関係の柱とする「モノの自由貿易圏」構想について、「EU最大の成果の一つである単一市場に損害を与える」と、欧州報道機関向けの寄稿文でこれまで以上に強く批判し、拒否する姿勢を明確にした。

 2閣僚の辞任という犠牲を払ってメイ英首相がまとめた対EU関係維持の路線がEU側に受け入れられず、メイ氏の立場は一層厳しくなった。

 英国とEUは、離脱条件を定めた法的文書と、通商など両者の将来関係をまとめた政治文書について今秋の合意を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事