13日に南北高官級会談 首脳会談へ準備協議
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ソウル共同】韓国統一省は9日、軍事境界線のある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で、南北高官級会談を13日に行うことで北朝鮮と合意したと発表した。趙明均統一相が韓国側の首席代表を務める。4月の南北首脳会談で発表した「板門店宣言」の進展状況を確認するとともに、今秋に平壌で実施予定の南北首脳会談に向けて必要な協議を行うとしている。

 北朝鮮の非核化を巡る米朝間の協議が膠着状態となる中、韓国では米朝の「仲介役」を務めてきた文在寅政権が南北首脳会談を秋から8月末に前倒しして事態の打開を図るとの見方も出ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事