北朝鮮外相「核知識は保持」 イラン訪問、国会議長と会談
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【テヘラン共同】イランを訪問した北朝鮮の李容浩外相は9日、ラリジャニ国会議長と会談し、「北朝鮮は米国との交渉で非核化に合意したが、核に関する科学的知識は保持していく。米国がわれわれへの敵対心を捨てないことを知っているからだ」と述べた。メヘル通信が10日までに報じた。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は6月のトランプ大統領との米朝首脳会談で「朝鮮半島の完全な非核化」を約束している。李氏の発言は、米国が北朝鮮の体制の保証へ向けた措置に動かないとの不満を背景に、非核化への行動を駆け引きの材料にする姿勢を示したともいえる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事