米朝首脳、再会談の可能性 トランプ氏、非核化停滞で検討か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 トランプ米大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ともにAP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との2度目の首脳会談について「私たちは恐らく行うだろう」と述べ、開催の可能性は高いとの認識を示した。ロイター通信のインタビューで語った。非核化に向けた動きが停滞する中、北朝鮮の具体的行動を引き出すため再会談を検討しているとみられる。

 トランプ氏は、中国が米国との通商摩擦を理由に北朝鮮に関して以前ほど米国に協力しなくなったとも述べ、不満を示した。

 前回首脳会談後、非核化を巡る米朝協議は膠着状態が続いている。トランプ政権は事態打開に向け、近くポンペオ国務長官を北朝鮮に派遣する考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事