元顧問弁護士は司法取引か トランプ氏、ロシア疑惑で痛手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2016年の大統領選キャンペーン中、トランプ氏の後方に寄り添うコーエン氏=2016年9月、クリーブランドハイツ(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米主要メディアは21日、トランプ米大統領の元顧問弁護士コーエン被告(51)が、自身のビジネスを巡る詐欺などの罪を認める代わりに当局の捜査に協力する司法取引を行うことで検察と合意したと伝えた。ロシア疑惑に関してトランプ氏に不利な証言をするとみられている。

 AP通信によると、コーエン被告は21日、トランプ氏との不倫関係を主張する女性らに支払った口止め料を巡り、ニューヨークの裁判所で詐欺などの罪を認めた。

 コーエン被告はトランプ氏経営の複合企業で顧問弁護士を務めるなど10年以上、トランプ氏のために働き、トランプ一家や政権の内情を熟知している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事