北京で日本酒コンテスト 中国人好み探り輸出増へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日中平和友好条約の締結40周年を記念した日本酒コンテストで、鏡開きをするミス日本酒の須藤亜紗実さん(右端)ら=24日、北京(共同)
 日中平和友好条約の締結40周年を記念した日本酒コンテストで、鏡開きをするミス日本酒の須藤亜紗実さん(右端)ら=24日、北京(共同) 日中平和友好条約の締結40周年を記念した日本酒コンテストで、鏡開きをするミス日本酒の須藤亜紗実さん(右端)ら=24日、北京(共同)

 【北京共同】日中平和友好条約の締結40周年を記念し、中国人が日本酒を試飲しておいしさを評価するコンテストが24日、北京で開かれ、会場では多くの人が顔を赤くしながら飲んだり、口に含んで味わったりした。中国人が好む日本酒の傾向を探り、輸出増につなげる狙いだ。26日まで。

 コンテストでは銘柄を隠した日本酒6、7種を試飲し、5段階で評価。高得点だった日本酒や酒蔵を表彰する。通信アプリの微信(ウェイシン)を通じ参加者千人を募集した。

 酒造組合などを通じて出品を呼び掛け、24府県の62蔵が計約140本の日本酒を提供した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事