北朝鮮の朱奎昌氏死去 党でミサイル開発担当
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 死去した朱奎昌氏(朝鮮通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党で軍需部門の要職を歴任し、弾道ミサイルなどの兵器開発を担当した朱奎昌(チュ・ギュチャン)党顧問が3日夜、汎血球減少症で死去した。89歳だった。朝鮮中央通信が党中央委員会などの3日付の訃報を4日伝えた。

 北朝鮮東部・咸鏡南道出身。朝鮮通信(東京)によると、朱氏は国防科学院院長や党第1副部長を歴任し、2010年9月から党機械工業部長を務めた。訃報は「有能な航空技術者」だったとし、軍の装備近代化に寄与したとたたえた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事