10日に日ロ首脳会談 北方領土問題でけん制
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【モスクワ共同】ロシアのウシャコフ大統領補佐官は5日、プーチン大統領と安倍晋三首相の首脳会談が極東ウラジオストクで10日に行われると述べた。懸案の北方領土問題について「クリール諸島(北方領土と千島列島)が第2次大戦の結果、ソ連領になったとの自明の理に立脚して日本の代表と会談する」と説明した。タス通信などが報じた。

 首脳会談前にロシアの従来の主張を繰り返し、北方領土は「固有の領土」と主張する日本をけん制する狙いとみられる。

 ウシャコフ氏によると、首脳会談では北方領土での共同経済活動や朝鮮半島情勢などを協議。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事