文氏の支持率、初の50%割れ 韓国、南北会談で回復図る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ソウル共同】韓国の世論調査会社「韓国ギャラップ」は7日、文在寅大統領の支持率が前週より4ポイント下がり、49%と過去最低を更新したと発表した。昨年5月の就任以降、文氏の支持率が50%を割り込むのは初めて。文政権は18~20日に予定する南北首脳会談で北朝鮮の非核化進展につながる成果を出し、支持率回復につなげたい考えだ。

 同社によると、支持しない理由に「経済問題」を挙げた人が41%に上った。同社の調査で支持率は、4月の南北首脳会談後に一時83%を記録したが、7月から下落傾向が続いていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事