北京市長、10日東京訪問 24年ぶり、関係改善で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北京市の陳吉寧市長

 【北京共同】東京都と友好都市関係にある北京市の陳吉寧市長が10~12日の日程で都を訪問することが8日、分かった。日中関係筋が明らかにした。現役の北京市長が東京都を訪れるのは24年ぶり。安倍晋三首相の10月の中国訪問も調整される中、日中関係の改善を象徴する動きと受け止められそうだ。

 関係筋によると、陳氏は小池百合子東京都知事と会談。2020年の東京五輪と22年北京冬季五輪に向けた協力や教育問題を巡り意見交換する。

 東京都と北京市は1979年に友好都市提携を結んだ。会談では、来年の提携40年に合わせた小池氏の北京訪問も取り上げる可能性がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事