米中枢同時テロで閉鎖の駅再開 17年ぶり、崩壊ビル直下
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 8日夜、米ニューヨークで新たに開設された地下鉄WTCコートランド駅に入る乗客ら(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】2001年9月の米中枢同時テロで崩壊した世界貿易センタービルの直下にあり、がれきに埋もれ閉鎖されたままだったニューヨークの地下鉄の駅が8日、17年ぶりに再開した。地下鉄路線は既に復旧しているが、新駅建設は周辺の再開発が進むまで延期していた。

 ニューヨークの都市圏交通公社(MTA)のジョセフ・ロタ会長は声明で「(新駅の)WTCコートランド駅は、世界貿易センターの地域全体を修復し改善するニューヨーカーらの決意を象徴している」と述べた。

 新駅の壁には1776年の米独立宣言と1948年の世界人権宣言の装飾が施されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事