ロシアが最大規模の軍事演習 極東で、中国も参加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 11日開始した軍事演習「ボストーク2018」で、東シベリア・チタ州を走行するロシア軍の装甲兵員輸送車(ロシア国防省提供、AP=共同)

 【モスクワ共同】ロシア軍は極東やシベリア各地で11日、ソ連時代の1981年以来、最大規模となる軍事演習「ボストーク(東方)2018」を開始した。17日までの期間中に兵員29万7千人が参加し、中国軍やモンゴル軍との合同演習も行う。日本や欧米諸国は動向を注視している。

 ロシア国防省によると、日本周辺の日本海やオホーツク海でも行われる演習には、航空機・ヘリコプターなど千機以上、艦艇80隻、戦車・装甲車など3万6千両が参加。中央軍管区と北方艦隊で構成される部隊と、東部軍管区と太平洋艦隊で構成される部隊の模擬対決も想定し、プーチン大統領も視察予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事