北朝鮮報告書にロシア介入と批判 米が声明、安保理制裁委
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルがまとめた報告書に対し、ロシアが修正を求めていることが13日、分かった。米国の国連代表部は、ロシアが「介入」したと抗議する声明を発表した。報告書は9月上旬までに公表される見込みだったが、ロシアの反対で公表が遅れている。

 声明は介入や修正の詳しい内容には触れていないが、ロシアが関係する制裁決議違反の記述について修正を求めている可能性がある。

米国のヘイリー国連大使は「内容が気に入らないという理由でロシアが報告書に手を加えることは許されない」と非難した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事